糖尿病でお困りの方は、今すぐクリック。

2017年09月10日

【健診で「糖尿病の気がある」…どういうこと?】糖尿病に効く温泉宿のご紹介

健康診断の結果、ここ気になる方多いのでは

デイリースポーツ【2017.9.8】
 【荒木正医師】健診で「糖尿病の気がある」…どういうこと? から


【Q】
健康診断で糖尿病の気があると言われました。
まだ糖尿病ではないということでしょうか。
どうなったら糖尿病になってしまうでしょうか。
(40代男性)

【A】
食事をすると、一時的に血糖値が高くなりますが「インスリン」というホルモンが、すい臓から分泌されることで、時間とともに正常値に戻ります。
ところが、食べ過ぎで血糖値が高くなりインスリンが分泌されても十分に血糖値を下げられなくなったり、インスリン自体の分泌量が少なくなったりすると血糖値が高い状態が続きます。
これが糖尿病ですが、初期には自覚症状がほとんどないため、健康診断での採血の数値で気づかれることがほとんどです。
糖尿病との診断は、採血での空腹時血糖値とHbA1c(ヘモグロビンA1c)の2つの値からです。
HbA1cは採血から過去1〜2カ月の血糖値の平均値を示す値で、血糖値が正常域だとしてもHbA1cが高ければ、過去1〜2カ月は血糖値が高い状態で推移していたと判断できるため、糖尿病の診断に用いられています。
採血で「空腹時血糖値」が、126mg/dl以上かつHbA1cが6・5%以上だと糖尿病と診断されます。
どちらかだけが、この基準に達している場合は「糖尿病型」と言われ、別の日に再び採血を行って診断します。
「空腹時血糖値」が110mg/dl未満は正常型とされていますので「糖尿病の気がある」というのは、一般的には「空腹時血糖値」が110〜126mg/dlの境界型糖尿病にあたる方やHbA1cが6・0〜6・5%の方に対して言われることが多いと思われます。
この程度の数値なら薬での治療は行わず、まず食事療法や運動療法を行っていただくのが一般的です。
健康診断では採血以外に採尿も行われ、尿糖も調べられると思います。
ただ、尿糖は血糖値が160〜180mg/dlを超えるようにならないと検出されないとされるので、糖尿病の目安には用いられることはあっても、診断には用いられていませ

◆荒木 正(あらき・ただし)
03年、東邦大学医学部卒。東邦大学医療センター大橋病院などに勤務後、16年に東京都江東区に亀戸内科クリニック開設。
循環器・糖尿病内科医として地域に密着。
総合内科専門医。循環器専門医。



posted by スパ17号 at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

【糖尿病予防レシピ 提供飲食店募集 学生考案、ランチコン受賞作】糖尿病に効く温泉宿のご紹介

提供してくれる飲食店が多く出るといいですね〜。
〜〜病予防の食事。
こういった飲食のチェーン店があるといいのに。

新潟日報モア【2017/08/29 15:13】
 糖尿病予防レシピ 提供飲食店募集 学生考案、ランチコン受賞作 から


新潟市中央区は、糖尿病予防に役立つレシピを提供する区内の飲食店を、9月15日まで募集している。
レシピは区主催のヘルシーランチコンテストの受賞作で、調理専門学校の学生らが考案した。
野菜や海藻、キノコをふんだんに使い、食後の血糖値上昇を緩やかにする効果が期待できる。
市民に食生活を見直す機会にしてもらおうと、10月から参加飲食店での料理提供を目指す。

市が力を入れる健康寿命延伸に向けた取り組み。
中央区によると、区民は血糖値が高い傾向にあり、糖尿病予防が課題という。
健康に配慮した食事を取り入れてもらうため、ヘルシーランチコンテストと、飲食店での受賞レシピの提供を企画した。

コンテストは区内の学生を対象に7月下旬、市食育・花育センターで開いた。
書類審査を経て6組22人が塩分3グラム以下、キノコや海藻を使うといった条件の中で手際よく調理。
飲食店でメニュー化してもらう2点が選ばれた。
最優秀賞は減塩しょうゆで味付けした手羽中とレンコンの照り焼き、海藻やオクラのサラダといった献立。
アイデア満載賞は甘酒を使った夏野菜ちらしなどが並んだ。

提供店舗は区内を対象に募り、提供期間は10月〜来年3月を予定している。
受賞レシピは一部をアレンジすることも可能。
飲食店のほか、区が本年度開催する糖尿病予防の健康教室でも提供する。

最優秀賞チームの代表で、新潟調理師専門学校2年の笠原悠さん(19)は「私たちの考えた献立を食べて、少しでも糖尿病予防を意識してもらえたらうれしい」と話している。

申し込み、問い合わせは中央区健康福祉課、025(223)7246。



posted by スパ17号 at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする