2013年07月31日

【糖尿病患者の重い低血糖、心筋梗塞リスク2倍に】糖尿病に効く温泉宿のご紹介

何事も極端はダメなんですね。

意識が血糖値を下げることに一生懸命だと低血糖が悪いと意識出来ませんから。

専門家の助言は必須です。


2型糖尿病の患者で重症の低血糖を起こした人は起こさない人と比べ、心筋梗塞や脳卒中を発症するリスクが約2倍高くなることを国立国際医療研究センターの研究グループが突き止めた。
糖尿病では合併症などを防ぐために血糖値を下げるが、極端に低くなり過ぎないような適切な管理が大切といえそうだ。
成果は英医師会雑誌「BMJ」に掲載された。

同センターの野田光彦糖尿病研究部長と後藤温上級研究員らのグループは疫学研究に関する6件の国際論文を解析し、糖尿病患者約90万3500人分のデータから結論を導いた。

重症の低血糖が発生していたのは0.6〜5.8%。
重症の低血糖を全く起こさなかった人のリスクを1とすると、1回でも重症の低血糖を起こした人が心筋梗塞や脳卒中などを起こすリスクは2.05と高かった。

重症の低血糖は、血糖値が極端に低くなって意識がなくなったり、他人の介助なしでは動けなくなったりする状態。
薬などで血糖値を厳密に管理している患者の中で、腎症などの合併症がある人や高齢者などで起きやすいとされる。

これまで重症の低血糖になると血管が傷みやすくなり、死亡リスクが高まったり心筋梗塞などが起きやすくなったりする可能性が指摘されてきたが、証明はされていなかった。
野田部長は「患者の中で重症な低血糖になりやすい人は、血糖値の管理を少しだけゆるめるなどの工夫を医療スタッフと相談してほしい」と話している。


日本経済新聞【2013/7/31 11:44】
 ⇒ 糖尿病患者の重い低血糖、心筋梗塞リスク2倍に から


posted by スパ17号 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

【約3割が潜在的糖尿病患者】糖尿病に効く温泉宿のご紹介

東京都足立区と徳島県の結果がほぼ同じと言うのは面白いですね。

糖尿病患者の多い都道府県は
島根県、青森県、徳島県、香川県、秋田県の順。

そして糖尿病患者の少ないのは沖縄県。

また、東京都、埼玉県、奈良県、大阪府など都市部も糖尿病患者が少ないという統計。

予備軍に地域差はないが、実際の糖尿病患者には地域差があると言う結果です。

という事はですよ、
予備軍見つけても糖尿病患者は減らせないと言う事だと…サイト主はおもうのです。

東京の予備軍に糖尿病予防を呼び掛けようが呼び掛けまいが、予防しようがしまいが糖尿病患者はもともと少ないのですから、改善代はちょっとしかないと言う事です。

糖尿病患者になるちょっと手前。
そこに手を入れるべきなのではと感じます。


プレスリリースゼロ【2013年 07月 16日】
 地域医療連携プロジェクト「糖尿病診断アクセス革命」での2500件の検査結果まとまる〜約3割が潜在的糖尿病患者と判明〜 から 抜粋


2010年10月〜2013年6月に「糖尿病診断アクセス革命」プロジェクト参加薬局(東京都足立区10薬局、徳島県10薬局)で指先HbA1c検査を受けた人は総計2514名(東京都足立区1555名、徳島県959名;男性1126名、女性1388名;糖尿病治療中の人は対象外)に達しました。

2514名のうち、
糖尿病が強く疑われた人(HbA1c(NGSP):6.5以上)は約12%、
糖尿病予備群と疑われた人(HbA1c(NGSP):6.0〜6.4)は約16%で、
併せて3割近くに対し、糖尿病またはその予備群の疑いで医療機関へ受診勧奨を行いました。

2514名のうち、43%の人は定期的な健康診断を受けておらず、「糖尿病診断アクセス革命」の提供する「新たなスクリーニング検査の場」が生かされました。

男女別、地域別に見た結果は下記のとおりです:
予備群以上 (糖尿病相当) 男性 女性
東京都足立区 33.1% (18.0%) 24.7% (10.2%)
徳島県 31.9% (11.6%) 24.7% (6.5%)


糖尿病診断アクセス革命 ( http://a1c.umin.jp )とは、
「指先微量採血によるHbA1c測定」を用いて血液検査へのハードルを下げ、広く検査の機会を提供することで、未発見・未治療の糖尿病の患者さんや糖尿病予備群の方々をすくい上げ、最終的にはわが国の糖尿病を減らすことをめざす地域医療連携プロジェクトです。
筑波大学と糖尿病診断アクセス革命事務局を中心に、東京都足立区においては、NPO法人ADMS・足立区薬剤師会・足立区医師会、徳島県においては徳島文理大学との共同研究として行われています。



posted by スパ17号 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。